1. HOME
  2. 弁護士紹介
  3. 岡本敏徳

弁護士紹介lawyers

LAWYERS

岡本 敏徳

岡本 敏徳Okamoto Toshinori

東京

そらうみ法律事務所在籍

第二東京弁護士会所属

弊所ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
弁護士の岡本敏徳(おかもと としのり)と申します。

・私について
私は、小学校時代をニューヨーク州にて過し、その反動で日本の文化に強い関心を持つようになりました。高校時代からは日本の古典文学に興味を抱き、今でも時間を見つけては読んだりしています。また、古文書や寺社等にある碑石を解読したり、かつての栄えたであろう史跡に足を運んだりして往時を偲び、時間の流れのなかで失われた何かを探すようなことをしています。要するに、人間のタイプとしては、誰も見つけたことのない(というよりも、見つけようとも思わない)何かを一番最初に見つけて、自己満足に浸るタイプです。そして、こうした探索をしていると、一切のものは、膨大な時間の流れの中で、徐々に洗い流され、やがて消滅していく運命にあり、それが一つの真理であるとさえ思えてくるのです。

・悩みのない人などいない、終わらない悩みはない
ところで、世に生きる人々は、誰しもが悩み、悲しみなどを抱えて生きているかと思います。逆にいえば、何も悩みを待たない人は存在しないと思います。そして、そのうち、特に深刻な悩み、悲しみを持つ方が、なんとか解決の糸口がないかという思いを持ちながら、弊所へ足を運ばれるのではないでしょうか。
しかし、悩み、悲しみというものもまた、古文書や寺社等の碑石、史跡などが教えてくれるように、膨大な時間の流れの中で、徐々に洗い流されていくものであると、私は思っております。時間はかかりますが、その時間の流れが、いずれ、全てを洗い流してくれるはずなのです。

・弁護士としての抱負
とはいえ、一人の人間に残されている時間はそう長くはなく、時間の流れに任せるだけではどうにもならない問題があることも真実です。そこで、時間の流れだけでは解決しえないところを、私達弁護士が解決へ向けてお手伝いできるかと思います。
私は宗教家ではなく弁護士ですから、第一には相談に来られた方の法的問題を解決することを目的に活動しますが、それ以外にも、その悩みや悲しみに寄り添いつつ、なるべく早期に悩みや悲しみが洗い流されるようなお手伝いもできればと考えております。そのためにも、常々、法律関係の知識の研鑽に努めるのみならず、様々な方との交流の中から、自身の感受性を磨き、自分以外の方の気持ちを理解できるようになりたい、と考えています。
まだまだ人生経験が浅い若輩者ですが、気構えせず、是非一度、弊所へお越しいただき、ご相談ください。

岡本敏徳

経歴

1993年
千葉県千葉市生まれ
2008年
実用英語技能検定1級取得
2011年
千葉県立千葉高等学校卒業
2013年・2015年
 TOEIC990点取得
2016年
東京大学法学部卒業
2018年
東京大学法科大学院修了
2019年
弁護士登録(72期)、弁護士法人空と海入所

LAWYERS