1. HOME
  2. 弁護士紹介
  3. 鈴木穂人

弁護士紹介lawyers

LAWYERS

鈴木穂人

鈴木 穂人Suzuki Hohito

奄美

そらうみ法律事務所 浦添事務所在籍

沖縄弁護士会所属

奄美に赴任してから、島人の暮らしを護りたいと奄美群島を日々駆け回ってきました。2020年からは浦添事務所を拠点に沖縄と奄美を往き来しています。

私の原点は、1995年、高校3年生の冬に経験した阪神淡路大震災でのボランティア活動です。復興へと立ち向かう街の様子に身が震えました。街全体に、他者を思いやり地域社会に尽くしたいという気概が満ち溢れていたからです。その一方,暮らしの要となる家族、住まい、仕事などにおいて困難な問題が数多く発生していました。

このような経験から、私は日々の暮らしの中で一つ一つの解決を積み重ねて行くことが、社会貢献の根本であると考えるようになりました。

積極的に地域や現場を歩き、人の営みや暮らしを敬い、弁護士として一人でも多くの方のお役に立ちたいと考えております。

鈴木穂人

経歴

1977年
京都市生まれ
2001年
立命館大学政策科学部卒業。派遣社員・フリーター・議員秘書等を経験
2008年
京都産業大学法科大学院修了
2009年
弁護士登録(新62期)。桜丘法律事務所(東京都渋谷区)入所
2011年
奄美大島の末広町法律事務所(ひまわり基金法律事務所)に2代目所長弁護士として赴任
2016年
弁護士法人 空と海を開設(そらうみ法律事務所奄美事務所)
2017年
社会福祉士登録
2020年
そらうみ法律事務所浦添事務所を開設 沖縄と奄美の連携を目指して

役職

著作・メディア

  • 「法曹養育と臨床教育 No.12」(臨床法学教育学会)2020年 115頁「司法過疎地における持続可能な活動を目指して」
  • 南日本新聞 2016年10月31日朝刊 かお 「奄美市に法律事務所を設立した弁護士 鈴木穂人さん」
  • 「自由と正義」(日本弁護士連合会)2015年1月号 75頁「奄美群島に見る司法アクセス障害の現状と課題」
  • BS朝日「プロフェッショナルの仕事♯2 司法過疎」(2014年11月)
  • 「季刊刑事弁護」(現代人文社)73号 85頁「島の新人弁護士」(2013年)
  • 「季刊刑事弁護」(現代人文社)第70号 76頁「パーソナリティ障がい・放火、福祉サービス事業所との協働」(2012年)
  • フジテレビ「ザ・ノンフィクション 弁護士たちの街角6〜私はあきらめない〜」(2011年2月)

LAWYERS