1. HOME
  2. 弁護士紹介
  3. 在間文康

弁護士紹介lawyers

LAWYERS

菅野 浩平

在間文康

在間 文康Zaima Fumiyasu

東京

そらうみ法律事務所在籍

第二東京弁護士会所属

「2.5人称の視点」、私が弁護士として常に心がけていることです。私たち弁護士は、法的な知識・経験に基づいて、客観的に問題を分析・検討します。これは3人称の視点で、専門家として当然持っていなければならないものですが、半面で、それだけではときに冷たく感じてしまうことがあります。2人称、つまり、「あなた」と呼び合う家族に接するのと同じような視点を持たなければ、温かみは生まれません。相談に来ていただく方にとって、私たち弁護士を訪ねられるというのは、人生の一大事です。私は、法の専門家として最良の解決策をお示しするだけではなく、「自分自身の家族が同じ立場だったら」ということをいつも忘れずに、問題解決のお手伝いをさせていただいています。

私は、東日本大震災の1年後の平成24年3月に、岩手県陸前高田市に新規開設された公設事務所の所長として赴任しました。4年半の活動の中で、被災者の方を始め、周辺地域の皆様から延べ2000件以上のご相談をお寄せいただき、私は、お一人お一人のお考えや立場を大切にして、解決のお手伝いをしてきました。

問題が解決して、ご相談いただいた方に、ホッと安心した笑顔を浮かべていただいたときが、私が弁護士として最もやりがいを感じる瞬間です。悩み事を抱えたときに、「あの人に相談しよう。」と真っ先に思い浮かべていただけるような、そんな存在でありたいと考えています。

在間文康

経歴

1978年
兵庫県西宮市生まれ
2005年
京都大学法学部卒業
2007年
東京大学法科大学院修了
2009年
弁護士登録(新62期)。アストレア法律事務所(東京都新宿区)に入所
2012年
岩手県陸前高田市にて、いわて三陸ひまわり基金法律事務所(公設事務所)を新規開設し、初代所長として執務
2016年
弁護士法人 空と海を開設

役職

  • 日本弁護士連合会災害復興支援委員会 幹事
  • 日本弁護士連合会公設事務所・法律相談センター 幹事
  • 日本労働弁護団 会員

著作

  • 陸前高田のまちと共に(自由と正義2016年5月号)(2016、日本弁護士連合会)
  • 飛び出せ!!弁護士 番外編(NIBEN Frontier 2015年4月号)(2015、第二東京弁護士会)
  • 労働者の権利 軌跡と展望(2015、旬報社、共著)
  • 被災ローン問題と地域の復興(中小商工業研究第117号)(2013、全商連付属・中小商工業研究所)

メディア

(雑誌・メディア掲載)

  • 望星2015年1月号~3月号 「葬られる声(上)~(下) 『災害関連死』と『震災に関連した死』」(山川徹、2015、東海大学出版部)
  • 日経グローカル NO.280 48頁 「支援法改正、喫緊の課題 世帯単位から被災者本意へ」(津久井進、2015、日本経済新聞社)
  • 法と経済のジャーナル Asahi Judiciary 2015年1月16日「震災法廷 阪神大震災の判例を支えに盛岡地裁で関連死の認定求める訴え」(2015、朝日新聞デジタル)
  • 週刊朝日2014年3月14日号 24頁 「埋もれる『関連死』」(2014、朝日新聞出版)
  • ダイヤモンドMOOK 役に立つ弁護士&知って得する法律 13頁 「東北の法律過疎の被災地に若い弁護士がやってきた!」(2012、ダイヤモンド社)

 他、多数

(新聞記事)

  • 岩手日報 2016年10月18日朝刊 「震災関連死ようやく認定 大船渡、初申請から3年半」
  • 岩手日報 2016年3月27日朝刊 「被災者訪問 法律相談200回」
  • 読売新聞 2016年2月2日朝刊 いまこの人「法律相談『阪神』の後悔胸に」
  • 岩手日報 2015年3月14日朝刊 「『遺族の無念一つ解消』陸前高田・災害弔慰金訴訟」
  • 岩手日報 2012年12月2日朝刊 「“復興弁護士”仮設を回る」
  • 朝日新聞 2012年3月22日朝刊 ひと「被災地初の公設事務所を岩手・陸前高田に開いた在間文康さん」
  • 日経新聞 2012年3月5日朝刊 「法律で被災者の力に」

 他、多数

(テレビ・動画)

 他、多数

講演等

  • 2016年10月13日(近畿カトリック学校連盟校長研修会 「弁護士活動を通して見えた東日本大震災の課題」
  • 2016年8月3日(岩手大学×神戸大学連携フォーラム 第16回地域防災フォーラム)「仮設住宅訪問活動から見えた生活再建支援制度の問題点」
  • 2016年6月16日(館林邑楽在宅医療・介護ネット 研修会)「災害時に必要な支援を考える~災害関連死の事例から~」
  • 2016年1月31日(一人ひとりが大事にされる災害復興法をつくる会 東日本大震災5周年シンポジウム)「仮設住宅支援活動から見えた復興施策の問題点」
  • 2015年9月26日(日本災害復興法学会 2015年度東京大会)「陸前高田市における弁護士相談~仮設住宅弁護士巡回活動の報告~」
  • 2015年8月22日(岩手県司法書士会県南支部 研修会)「震災関連死について~陸前高田市の事案を通して~」
  • 2015年3月6日(認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ 震災プロジェクト報告会)「『被災者』と私たち」

 他、多数

LAWYERS

菅野 浩平